ウーマン

保育士の求人は待遇面をチェックするべき!

保育の仕事に関する情報

女性と子供

全国の保育事情

保育士の求人は全国的に多く出ており、特に人口が集中する都市部の施設からの募集が極めて多いです。都市部での募集件数が多いのは、保育士の不足や待機児童問題が多い事が背景にあり、求人での雇用形態も正社員だけでなく、パートでの募集も増えています。保育士が不足するのは、様々な理由で退職する人が増えていることが原因に挙げられます。特に悩みで多いとされているのが、人間関係とされているのです。しかし、子供が好きでやりがいがある仕事であるため、働きたいと希望する人も沢山います。保育士の求人情報ですが、都道府県別で最も求人件数が多いのは東京都で2000件以上の募集があり、次に神奈川県が多く、1000件以上の募集が出ています。この2つの自治体以外では、関東地方では千葉県や埼玉県、他は近畿地方の大阪府も求人件数が多いです。東京23区で特に保育士の募集件数が多いのは、世田谷区や港区等で、140件以上の求人が出ています。求人の特徴は、民間運営の施設からの募集が圧倒的に多く、これらの中には企業や病院等に勤める社員の子供向けの施設も含まれています。施設の規模は50名前後から100名以上の定員を持つ所が中心です。保育士の募集を出している施設の中には、0歳児から就学前の乳幼児だけでなく、小学生を対象とする学童保育も兼ねた所も数多くあり、勤務する保育士にとって、幅広い年齢層の子供達と接する機会が増えています。福利厚生面では、寮を設けている所や家賃補助制度を設けている施設もあり、出身地から遠く離れた人でも勤務しやすくなる様に取り組んでいます。

先生と生徒

働きやすい業者

家庭教師のバイト先は個人で探すか派遣業者に登録して紹介してもらうことができます。個人であれば好きな家庭で働きやすいでしょう。また派遣会社を通せば、金銭的な折衝を自ら行わなくて済む点が安心です。家庭教師へのバックアップ体制を整えている業者に登録しましょう。

婦人と学生

子供と接したい人

専門性の高いバイトは高価な賃金を得られます。中でも家庭教師は教員を目指している方や短い時間でしっかり稼ぎたい方に向いているバイトです。大阪で家庭教師の派遣先を探す際は仲介業者に紹介してもらうこともできます。

保育士

サポートを受ける

保育士の人が転職サイトを利用する理由は色々とありますが、給料などの条件面で不満がある場合には、転職エージェントに登録をしてサポートを受けることがおすすめです。非公開求人を紹介してくれることもメリットの1つですが、サポートを受けられるというメリットもあります。